盲目黒柴犬と週末秩父暮らし

都内極小マンションで黒柴犬2匹と暮らしているかあちゃんに、ある日突然!田舎の古民家が落ちてきた!?秩父に移住を目指して、犬2匹と週末田舎暮らしに挑戦中!

花火大会の想い出・・・僕はあなたの何なんですか!

女性のみなさま!特に40歳以上の乙女のみなさま!!
もしも16歳年下の男子に真顔でこう言われたら・・・・・・。
どう答えますか?(自分も何となく好意を持った男子だったとして)


昨夜の秩父夜祭りの花火を見ていて、
ふと、思い出したのですよ(^^;;;;;
花火は冬がいい!虫いないし、かあちゃんは珈琲をセットして
誰もいない穴場に駐車して毛布にくるまりながら寝転んで
でっかい花火を堪能していたのさ!


凄い贅沢なひと時でしたよ~
でね・・・・・・・・。
なんかね・・・・・・。
ちょっと甘酸っぱい想い出がよみがえったのさ(^^;;;


むかし、後輩のA君に言われた。
「僕はあなたの何なんですか!」
・・・・・・・・・。
かあちゃんがとっさに返した言葉は・・・・・。
・・・・・・・・。
・・・・・・・・。
「介護人!」


A君「はぁ?~~~~~?冗談じゃない!!」
・・・・・・・・・。


確かにさ、かあちゃんもA君が大好きだったんだよ。
でもさ、その時かあちゃんはA君の指導的立場で(上司ってとこかな)
40歳目前の39歳のかあちゃんと23歳のA君・・・・・・。
・・・・・・・。
まぁ、とっさに出た答えが「介護人」
癒されるとか、好きな人に助けてもらいたいとか、
甘えられる相手だとか、いろいろな意味が心の底にはあったんだけれど・・・・。
口からでたのは、「介護人」・・・・・・。


そりゃあ、いきなり「介護人」とか言われても
バカにされているように受け取ったんだろうね・・・・・・。


まぁ、甘酸っぱい想い出です(^^;;;
ちなみに後悔はしていませんよ。(少し強がりかもしれなけれど・・・・)


あっ、あと、10年付き合っていた既婚の男性にこんなことも言われました。
これ、他の男性にも言われたんだけれど・・・・


「俺と仕事とどっちが大事なの?」
(^^;;;ふつうは男性が言われるパターンのような・・・・。
かあちゃんはきっぱりと答えましたよ!
「仕事!!!!」
・・・・・・・。
だってさーそんな比べられないような質問してくるほど
かあちゃんのことがわからないんだな~信用できないんだなぁ~って思ったから!


はははっ・・・・・家庭向きではないんだな~かあちゃんは!(^^)
恋愛の駆け引きもできねー長い物はむりやり引っ張って巻かれたくねー


いまは、秩父の山に囲まれて益々我が道を楽しんでおります!
神様ありがとう!

「俺にしとけ」byむさし


追記:来年の夜祭りのためのメモ。
花火をみるなら横瀬駅がベスト!!目の前で花火が広がります。
見下ろすならミューズパークね。


ちなみにかあちゃんが見ていた場所は秘密ですぅ!!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。