盲目黒柴犬と週末秩父暮らし

都内極小マンションで黒柴犬2匹と暮らしているかあちゃんに、ある日突然!田舎の古民家が落ちてきた!?秩父に移住を目指して、犬2匹と週末田舎暮らしに挑戦中!

盲目だからこそコマンド(声掛け)は大切と知る。

むさしじいちゃんが元気になってきたものだから、ついつい忘れてしまう。
「この子は見えてないんだ」ってこと。


東京の家はマンションの2Fにあって犬とはエレベーターを使用しないルールがあるので
階段を使う。むさしは階段が得意だ。見えていなくても階段は真っすぐなので壁に体をつけながらとっとこ昇り降りできる。


お正月明けてすぐのこと、散歩に出るときついでにゴミ出しもしようと階段を降り切ったばかりの「むさしをおいて」おつうとゴミ捨て室に走って行った。
いつもなら「待て」の一言を声掛けしてから動くのに・・・・。


すぐに戻ったが「いない!」むさしじいちゃんがいないのだ!!


あわてて探し回るがこの短時間ではありえないほど姿が見えない!!!すると「ギャワン!」むさしの大きな悲鳴が聞こえた!!マンション中に響いてむさしがどこにいるのかわからない・・・。


おろおろしていると、おつうが物凄い勢いでわたしをひっぱって階段をのぼって行く。
4Fのエレベーター横で同じマンションに住人だと思われる(会ったことない)アジア系の方にリードをひっぱられていた!


言葉が通じないのでこの方が保護してくれていたのか?それとも無理やりエレベーターで連れてきたのかわからなかったけれど、とにかくひたすら「ありがとうございました。すみませんすみません」となかば強引にリードを奪ってむさしを抱きかかえ階段を下りた。


・・・・・・・・・・・。


冷静になってみたら、きっとむさしは「待て」の一言がなかったから遅れをとるまいとわたしのあとをおいかけてきたのだと思う。それで、4Fの方に出会って?エレベーターで4Fまでいってしまったのだと思う。
でも、あの「ギャワン!」大きな悲鳴はなんだったんだろう・・・・・。どういう状態だったんだろう。ごめんよごめんね。怖かったよね。悲しかったよね。おつうもありがとね。
これが秩父だったら・・・・山の中に入ってしまったら・・・・沢に落ちたら・・・・崖を踏み外したら・・・・・・・・・。


新年早々に気の引き締まる出来事でした!!深く反省しています。
犬との暮らしの中で最低でも「待て」は大切。かあちゃんが「待て」といったんだから待っていたら必ずかあちゃんは帰ってくる。その信頼関係がわが子の身を守るんだと実感しました。


ここまで読んでくださってありがとうございます。

「かあちゃん!!これは何?こっ、怖いんですけれど?なんなの?ガガガガガッゴゴゴゴゴッって襲ってくるわよ!!」「待て!って言われても本能が逃げろ!っていうのよ!!」


車の自動洗車を初体験、毛が全開に逆立っているおつうでした。


さあ、今年は秩父をもっともっと楽しむぞっ!
秩父といったら秩父夜祭!ここはわんこはだっこできたらOKです。
http://www.chichibu-matsuri.jp/