盲目黒柴犬と週末秩父暮らし

都内極小マンションで黒柴犬2匹と暮らしているかあちゃんに、ある日突然!田舎の古民家が落ちてきた!?秩父に移住を目指して、犬2匹と週末田舎暮らしに挑戦中!

卒業の季節!歌うは秩父の名曲。そして酒の変化が成長の証し

最近は卒業式に「仰げば尊し」を歌わないらしい。
理由は歌詞の内容が時代に合っていないから。
代わっての定番曲は「合唱 旅立ちの日に」だ!

この曲は1991年に埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られた合唱曲だそうです。
「3年生を送る会」で教職員たちが卒業生に贈った唄が、その翌年からは生徒たちが唄うようになったそうです。次第に他の小中学校へ広まり、雑誌「教育音楽」に取り上げられたことで全国の学校で唄われるようになりました。
素敵な言葉が散りばめられた歌詞と素敵な旋律。今では卒業式でもっとも唄われる卒業ソングであり、誰もが知っている卒業ソングなんだとか。。。。
でも、かあちゃんは世代的にこの曲を知らなかったので
秩父人になるならばと、聴いてみました。
・・・・・・・・・・・。
うかつにも泣いてしまいました。
なんていうか・・・・いまのこころにずっしりときましたー
かあちゃんにとって秩父に移住することは過去からの卒業なのかな・・・・。
・・・・支配からの~卒業~・・・・

過去といえば秩父のスーパーで20代お酒を覚えたころに毎日のようにのんでいたワインを見つけてのんでみました。


・・・・・・・・。
・・・・・・・・。
甘い・・・・。なんじゃこれっ?
デザートワインか?
これとかカッツとか、甘いドイツワインが好きだったんだね~かあちゃんは。。。。
いまは無理だぁ~~~~。
お酒の好みも年とともに変化して過去からの卒業ってとこですかね~~~。

春に卒業する全世代の人に祈ろう!
明日に幸あれ!未来に幸あれ!

2018年 秩父横瀬町芝桜まつり 4月13日(金)~5月6日(日)