盲目黒柴犬と週末秩父暮らし

都内極小マンションで黒柴犬2匹と暮らしているかあちゃんに、ある日突然!田舎の古民家が落ちてきた!?秩父に移住を目指して、犬2匹と週末田舎暮らしに挑戦中!

盲目黒柴犬と秩父移住への準備その1

※注意:長文章のみになります。
都内極小マンションで黒柴犬2匹と暮らしているかあちゃんに、
ある日突然!田舎の古民家が落ちてきた!?
「ヤフオクで古民家落札!」
秩父に移住を目指して、犬2匹と週末田舎暮らしに挑戦中!なのですが、
いよいよ本格的に移住の準備に入ります(^^)
横浜元町に生まれ東京都23区内で生きてきたかあちゃんにとっては一大決心!
「週末秩父暮らし」と「秩父移住生活」とでは雲泥の差があるのです。
「う~ん若かったら勢いだけで問題ないんだけれどね~」


「都会から移住をしたいと考えている人へ」
●「家」の確保・・・都会で暮しの人にとって、とてつもない壁である(^^)
「移住したい人(家族)の理由は様々でみんながみんな、自給自足、DIY、リノベ、古民家をもとめているわけではないってこと」が重要。
転勤などとはまったくのべつものと考えた方がいい。
自分があこがれていることと自分ができることは違うってこと!
そして、都会で「家」住むところを探すのはとても簡単だと思う。
しか~し移住先で住むところをみつけるのはかなり大変だ!

<都会>の不動産会社は売り出し・貸し出し物件を有る程度共有しているシステム!
スマホやネット検索でも見つかる。不動産屋さんも多いし、相談できるところがある。
いまはペットOKもたくさんある。
<地方>の不動産会社は各社それぞれの物件を抱え込んでいるシステム!
スマホやネットには普通の賃貸物件はほとんどでていない。
駐車場なんかにいたってはまるっきり扱っていない。(駐車場の経営は大抵個人)
まずは移住先を決めようという段階だったころ、ネットで探し回っても
「田舎暮らしのための家」か「別荘」自治体で扱っている「空き家バンク」程度だった。
不動産屋に電話しても豆腐ぬかに釘(苦笑)話が全く噛み合わない。


終の棲家も視野に入れての移住!ここで重要なのは自分の条件を曲げない事。
かあちゃん的15の条件!
1、犬やペットに優しい土地。
2、東京までの交通の便が良い。
3、カフェが充実している。
(文化的余裕のある土地だということ)
4、近所との町内会的な付き合いが無い、または薄い。
5、地震に強い。
6、大雪など災害があっても孤立しにくい
7、駅まで徒歩30分以内(逆に駅のない場所はNG)
8、住民が少なくても観光地として潤っている。
(そういうところは役所が潤っているので暮らしのサポートが充実している)
(観光地はなんだかんだ仕事がある)
(観光地はタクシーなど交通が確保できる)
9、15年以上続いている大型スーパーが2つ以上ある。
(それだけ需要があるってこと)
10、水が豊富(おいしい)
(旨い水がある土地は米、野菜、酒、食べ物がすべて旨い)
11、近くに生徒100人以上の小中高学校がある。
12、温泉や銭湯がある。
13、コンビニやフランチャイズ直営店がたくさんある。
(直営店は徹底的なリサーチの元にその土地に進出する)
14、機器の揃った病院・福祉・救急・消防等々が充実していること
(病院まで搬送15分内)
15、一人暮らしの家庭に対してツール、ケアが充実している。
(孤独死が少ない)
おまけ・・・古民家だった場合は築年数20年以内
(バブル崩壊以降に個人が建てた物件)


と、こんな条件は移住体験をしてみなくちゃわからんのです!!
移住体験・・・・実は、けっこうあちこち市や役場なんかで募集しています。
秩父もありますよ(^^)
しかも新築デザイナーズ物件(笑)


でも、1週間程度でなにがわかるちゅーの!とも思いますが、
体験しないよりはいい!


と、半年ほどあちこち移住先を探していて、たどりついたのが
「ヤフオク」でした!(苦笑)
まさか終の棲家になるかもしれない家と「ヤフオク」で出会うとは!!


では、本日はここまで!読んでくれてありがとうです(^^)



追伸:住民ならプール8月31日まで2,000円(6名まで)で入り放題!!
さすが水の秩父だわ!
やるな~横瀬町!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。